アガリクスの効能とは|病気を寄せ付けない体にチェンジ

レディ

免疫力アップの優秀サプリ

栄養剤

神のキノコと呼ばれる理由

アガリクスは1990年代に一大ブームを巻き起こした健康食品ですが、現在もその人気は衰えていません。世界各地に生息していますが、日本で栽培されているものはほとんどブラジル産を種子とした系統のものです。アガリクスの効能が注目されるきっかけとなったのは、ブラジルのピエターデ地方の人たちがガンや糖尿病など生活習慣病と呼ばれる疾患がほとんど見られないことから、アガリクスを常食していることに原因があるのではないかと研究が始まったことです。その結果、免疫力の向上や血糖値の降下作用が報告され、アガリクスの効果・効能に注目が集まりました。当初、アガリクスは栽培が難しく希少であったため高価でありました。技術の進歩により人工栽培が可能になってからは広く利用されるようになり、研究報告も数多く出され、ガン治療中の副作用が抑えられることや免疫力の向上などが報告され、一気にアガリクスブームとなったのです。アガリクスが長年支持される理由は、やはりその効能にあります。もっとも注目されている効能に免疫力の向上があげられます。キノコに含まれるβ-グルカンという成分は自然治癒力をアップさせることが知られていますが、アガリクスはβ-グルカンの含有量がキノコの中でも最も多いのです。そのほか、アガリクスにはタンパク質、脂質、さらに繊維質やビタミン、ミネラル、他にもアミノ酸や必須脂肪酸などバランスよく豊富な栄養素が含まれています。食物繊維や必須脂肪酸は高血圧や動脈硬化を予防する働きがありますし、バランスよく栄養を摂取することによって病気予防も大いに期待できるのです。